耐震対策リフォーム | 東京・埼玉の住宅施工・リフォームの安藤工務店

お電話でのお問合せは049-264-1588
  • メールでのお問合せ
  • 資料請求
リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーション

耐震対策

日本は地震大国です。いつどこで地震がおこるかわりません。自分や自分の家族が住宅の下敷きになって命を落とさないように、住宅の耐震性能を把握して、適切な耐震補強を行う必要があります。
耐震リフォームは住宅の大きさや構造、状況によって施工すべき内容がまったく異なります。まずは、耐震診断を行い、補強の必要があるのかないのか、どこにどんな補強が必要か診断して、それにそって補強計画を立てます。

Point1

1981(S56)年6月の建築基準法の改正により、それ以前に建てられた建物や1階に車庫や大きな窓があり1階の壁が少ない建物、下屋の大きい建物で2階の外壁の下に壁がない建物などは注意が必要です。

Point2.壁の補強

補強の方法はさまざまな方法があります。
壁の補強は既存の壁へ構造用合板等の画材を取付け強固な壁にします。
明かり取りとしても有効な『ひかりかべつよし』は間仕切壁などでお部屋を暗くすることなく耐力壁を設置できます。
建物全体のバランスをみながら耐力壁の配置を検討して補強プランを立ててゆきます。

Point3.柱と土台の補強

柱が引き抜けないように金物を取付けて土台と柱を固定します。
補強計画によっては基礎と柱を緊結するホールダウン金物の取付をする場合もあります。

Point4.屋根の軽量化

屋根が重いと家の重心が高くなり振れ幅は大きくなり振り子の原理で元に戻ろうとする力も加わるため、建物に大きな負担がかかります。
屋根を軽くすることによって建物に作用する地震の力を減らして家へのダメージを少なくすることができます。

ページトップへ